馬酔木 何って読む?


画像クリック 拡大/縮小

昨年暮れに植木屋が入り、雑木を大胆に伐り払ったため、今まで目立たなかった馬酔木(あせび)の花がこの春は存在感を示しました。改めて見ると何と美しい花なのか。淡いピンクが誇らしげに見えます。名前の由来は、名前通り茎・葉・花に毒性があり、馬が食べると異常を来すことから来ているよう。その昔農作物の害虫駆除にも使ったとか。(2023-3-15載)
暑中お見舞い申し上げます
紫陽花 彩七変化
暑さに負けず(いつ梅雨入りかな)
明日の天気は下り坂
今朝の庭
伊勢志摩の旅日記から
モミジの花がプロペラのように!
葉桜の候
花追いかけて 韮崎一本桜 4月7日
はなびより
見上げる先にカイドウ(海棠)の花
東日本大震災から13年
春は蕗の薹から
大空に願いを
能登の海から
寒中お見舞い
明けましておめでとうございます
キラキラ相模湾を見下ろして
ボージョレヌーボー2023
「すみれの花咲く頃」に異変あり
 絵手紙 --- アーカイブス(降順)

Copyright © 2012-2014 Hanashiro. All Rights Reserved