晩秋の彩 柿の禅師丸


画像クリック 拡大/縮小

月に一度、町田の教室に出掛けます。鶴川街道を走っていると、今 禅師丸の柿が鈴生りです。柿生(かきお)という地名は、ここが江戸時代から甘柿の名産地だったことに由来するそうです。今日 近所の知人の所に寄った際、枝葉付きの禅師丸を頂きました。これは調布産です。
今年もあと2か月、というよりもあと60日もありますから、楽しいことで動いてみたいと思います。(2022-11-2載)

伊勢志摩の旅日記から
モミジの花がプロペラのように!
葉桜の候
花追いかけて 韮崎一本桜 4月7日
はなびより
見上げる先にカイドウ(海棠)の花
東日本大震災から13年
春は蕗の薹から
大空に願いを
能登の海から
寒中お見舞い
明けましておめでとうございます
キラキラ相模湾を見下ろして
ボージョレヌーボー2023
「すみれの花咲く頃」に異変あり
ふるさとのアケビ
金木犀の香り 届いていますか
旅の記録から/釧路湿原
羅臼昆布の海岸
旅の記録から/知床半島入り口
 絵手紙 --- アーカイブス(降順)

Copyright © 2012-2014 Hanashiro. All Rights Reserved