昇仙峡のシンボル 覚円峰

あの頃母もよく歩いたと思っていたが、数えてみれば今の私よりずっと年下だったのだ。仙娥滝から渓流沿いに歩き下る。紅葉はピークを過ぎ、平日とあっていたって閑散。昇仙峡といえばこの大きな岸壁がシンボル。鋭い岩肌と曲がりくねった縞模様。それを上手く表現できなかったのは時間が無かったせい? 昔はこの道を観光馬車が走っていたが、大分前に廃業したそう。帰りは猿橋に寄って歌川広重の錦絵の現場を確認した。家から1時間半で行けるのに、何で今まで来なかったのだろう。(2021-12-1載)

画像クリック 拡大/縮小

ダリアの大輪 まるで花火のよう
暑中お見舞い申し上げます。カサブランカは満開
早くも梅雨明け、いきなり猛暑日!
梅雨の晴れ間に歩く
今日は和菓子の日
今を逃さず
緑の空気がおいしい!
初めての土地を訪ねる・滋賀県
花言葉は「平和」「友情」
一気に満開
春告げ花に この寒さ
ギリシャの旅日記から 10
ギリシャの旅日記から 9
ギリシャの旅日記から 8
ギリシャの旅日記から 7
墨で描くロードス島
ギリシャの旅日記から 6
ギリシャの旅日記から 5
ギリシャの旅日記から 4
ギリシャの旅日記から 3
 絵手紙 --- アーカイブス(降順)

Copyright © 2012-2014 Hanashiro. All Rights Reserved