春を呼びましょ


山村暮鳥の「風景」という詩では、「いちめんのなのはな」と平仮名で書いた言葉が3連の中に24回リフレインされていて、それぞれの連に1行づつ 同じ7音で平仮名の情景描写と心象描写の言葉が挿入されています。35年前九州での体験は正にこの詩を思わせるものでした。本当に「いちめんのなのはな」。今日は江戸時代の古墨(奈良古梅園製)で描いてみました。芭蕉の門人 森川許六の句に、わが家の姓を思わせる次の句があります。「菜の花の中に城あり郡山」
都電荒川線のバラ
この時季の庭
アーチのイングリッシュ・ヘリテージ
山菜(こごみ)
春に急かされて
野川の夜桜
二番バッターは豪華な西洋石楠花
春の一番バッター
玉之浦
春一番にふきのとう
金メダル四つ
春を呼びましょ
今日は私のバースディー
花びら餅
越冬ブーゲンビリア
鏡開き
日本橋七福神
明けましておめでとうございます
赤い実
一対の燭台
 絵手紙 --- アーカイブス(降順)

Copyright © 2012-2014 Hanashiro. All Rights Reserved