明治の立ち雛

明治生まれの俳人「橋本多佳子」の娘さん(多分間違いない筈です)が教室に持って来られた明治生まれの立ち雛。これを描かせて頂いたのは20年も前のこと。当時私は俳句に全く関心がなくその女流俳人がどんな方かを知ろうともしませんでした。最近夫が俳句に親しみ始めたので尋ねてみたら「それは橋本多佳子だろう」と即返。その時描いた絵が長い間ファイルに収まっていたのを取り出して、しげしげと眺めると今様の雛と味わいが違います。私も知らない世界を歩んで来られたお雛様のようです。(2021-2-17載〉

画像クリック 拡大/縮小

4人での会食
今夜はテイクアウト
ジンジャーリリーの香りに包まれて
秋海棠
残暑は猛暑
感動をありがとう! オリンピック
いよいよオリンピック開会
薔薇「聖火」
アガパンサス咲く
垣根のクチナシ
老人でも「父の日」は「父の日」
三日続きの真夏日
今日も一日良い日になりますように
この日はいつ来る?
コロナ禍のGW
近づくGW ワクチンは何時?
絵にも描けぬ美しさ
散る花を描き留める
歩いてお花見一万歩
孫たちは揃って開花シーズン
 絵手紙 --- アーカイブス(降順)

Copyright © 2012-2014 Hanashiro. All Rights Reserved