春を呼びましょ


山村暮鳥の「風景」という詩では、「いちめんのなのはな」と平仮名で書いた言葉が3連の中に24回リフレインされていて、それぞれの連に1行づつ 同じ7音で平仮名の情景描写と心象描写の言葉が挿入されています。35年前九州での体験は正にこの詩を思わせるものでした。本当に「いちめんのなのはな」。今日は江戸時代の古墨(奈良古梅園製)で描いてみました。芭蕉の門人 森川許六の句に、わが家の姓を思わせる次の句があります。「菜の花の中に城あり郡山」
春分の日
深大寺だるま市
惚れ込んだ酒器
火の用心
明日は立春
大寒の日
冬のバラ
新春10,000歩
はつ春
行く年残り僅か
蘇鉄の間から
神々の願いはわれらが願い
晩秋の小菊
ボジョレーヌーボー解禁日
この秋のバラ
紅葉12景
「桃六」の栗蒸し羊羹
秋刀魚を食べよう
秋の七草 クズ(葛)
秋の七草 ナデシコ(河原撫子)
 絵手紙 --- アーカイブス(降順)

Copyright © 2012-2014 Hanashiro. All Rights Reserved