re77net/株式会社リダンダンス
   ▲目次
@contact
modified 13年11月21日  
商品を3Dで表現
立体物の商品紹介に3Dが利用されています。3Dの利用は、現物を撮影するよりも、幾つかの利点があります。商品開発において商品完成前にデータを基にリアルなイメージを作ることができます。3D制作は販促用、マニュアル用、ムービーなど多岐の用途に対応できます。また、商品の完成前に制作できるため、開発から販売までの制作期間が従来より短縮できます。競争の激しい携帯電話、家電などのイメージ制作は3Dが主流となってきています。

右のサンプルのように、簡単な立体絵にも利用できます。
バッグをクリックしたまま......マウスを動かすとバッグが回わる。
マウス・ポインタをバッグの上に置き......shiftキーで拡大  ctrl/controlキーで縮小
拡大したバッグは......optionキーを押すとドラッグする(Macのみ)。
マウスで少し動かした後は......arrowキーでもバッグが回わります
操作できるまで少し時間がかかります
596KB/modified  02.10.15

QuickTime Playerが必要です。
Windows XP/Vista のOSで未装着の方は...こちら
Windows 98/Me/2000/XP のOSで
 未装着の方は...こちら
Mac OS10.3〜で未装着の方は...こちら
Mac OS9で未装着の方は...こちら

※画像が途中で停止したりする不具合は、ブラウザのキャッシュを消去することで解決できる場合があります。

商品を3Dで作り、印刷物に展開した例
画像はMac OS X v10.6以降では表示されない場合があります。Appleの仕様が変更になりました。詳細、対応は未定です。
なお、このbag画像はOS X v10.10の環境で動作しています。